最新情報2
2015年11月26日 (木) 00:21

農業検索エンジン「農産物.jp」開発発信 カテゴリ検索エンジン+ロボット型検索エンジン+GISエンジン

平成27年11月25日に農業検索エンジン「農産物.jp」開発発信しました。
本サイトは、日本の農業者、農産物販売支援の農業ポータルサイトです。
このサイトは、過去に茨城県内を中心とした農業関連企業、農業者、研究所、大学の産学官連携で行った「農商工連携等による被災地等復興支援事業:風評被害等トレーサビリティ対応農産物販売クラウドシステム構築事業」の一環で開発したものです。事業は、既に終了しておりますが関係者において引き続き開発を実施し、この度公開に至った次第です。


農産物.jpには、弊社の過去に開発したWEBシステムが多数利用されています。

(1)カテゴリ検索システム(カテゴリデータベース)
農業・農産物のカテゴリ分類及び都道府県・区市町村等によるカテゴリ検索システムです。
カテゴリ分類は、日本産業分類、日本標準商品分類、大学・研究所等専門家の知見を元に独自に440あまりの分類を行っています。

(2)地理情報システム(農産物Mapoint)
カテゴリ分類による地理情報システムです。地理院地図(国土地理院)、Googleマップ、BingMaps、Yahoo地図の4つに対応しています。

(3)ロボット型検索(農産物Attole)
カテゴリに登録いただいたサイトにロボットが定期的にサイト内情報を収集し、全文検索ができるようになっています。

(4)地図連動ロボット型検索(農産物G-Attole)
ロボット型検索において、検索ワードのあるすべての場所を地図上に表示することが可能な検索システムです。位置を指定し距離条件で検索することが可能なほか、情報までの距離も表示されます。地図情報で検索順位の確認も可能です。

(5)日の出・日の入り時間 太陽高度の地図検索
日本全国の太陽の日の出・日の入り・南中高度時間、太陽高度(グラフ表示)を地図上で検索できます。

(6)マイページシステム
ホームページを持っていない農業者や応援消費者、学生等が自分のページを作成する事が可能なシステムです。
弊社が開発したスライドショー作成システム映像編集配信システムも採用されています。