最新情報
2016年01月30日 (土) 23:31

平成27年度補正予算 ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金について

平成25年補正予算、平成26年補正予算に続いて27年度の補正予算においても、「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」(1020.5億円)が実施されます。
1.革新的サービス・ものづくり開発支援(補助率 2/3)
(1)一般型 補助上限額:1,000万円
(2)小規模型 補助上限額:500万円
2.サービス・ものづくり高度生産性向上支援(補助率 2/3)
補助上限額:3,000万円

平成26年度と大きく異なる点は、補助上限額:3,000万円の「サービス・ものづくり高度生産性向上支援」(補助率 2/3)が新たに新設された点です。これは、IoT等の技術を用いて生産性向上を図る設備投資等を行う場合における補助です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
IoTとは? コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々な物体(モノ)に通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことをいいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金を申請するためには、経済産業省の「生産性向上ガイドライン」に適合した計画である必要があります。
「生産性向上ガイドライン」では、以下のイメージ図のように中小企業 385 万社の約 8 割を占めるサービス事業者が生産性の向上に取り組めるよう、生産性の向上を「付加価値向上、革新ビジネスの創出」と「効率の向上」の 2 つに大別しています。その上で、「付加価値向上、革新ビジネスの創出」を実現す る手法として、8 項目を、「効率の向上」を実現する手法として、2 項目を提示してい ます。この「付加価値向上、革新ビジネスの創出」8項目、「効率の向上」の2項目に「IT利活用」が含まれています。
弊社では、様々なWEB開発を行っており、「IoT」への対応も含めて「IT利活用」の提案を行うことが可能です。
公募申請書類作成の作成も行うことが可能ですのでご興味がある事業者様は、是非ご連絡ください。
経済産業省生産性向上ガイドラインイメージ